無料EAで安定して稼げるGemTrade(ゲムトレード)  安定収入・車購入資金に

Dmagic_AUDUSD 魔法で利益を掴み取る

FXのトレードによる利益の積み上げを狙い、
裁量トレードはFX MISSION ZERO
自動売買EAを活用
ということで進めています。

最近、株もトレードの対象に加え(再開)、
トレードステーションを活用すべく準備中です。
FXにおけるMT4という存在が、
株におけるトレードステーション(TradeStation:以下トレステ)
となります。

歴史的には、トレステが先に存在し、MT4が後から
提供されるようになったようです。
ちなみに、トレステでも為替のチャートを見ることができます。
(トレードはできませんが)

アメリカなどでは有料で使用することになるトレステが
日本では無料で使用できるという、とても恵まれた
環境のようなので、活用しない手はない、という
ところです。

口座開設キャンペーンで3種のストラテジーから1つ
選んでもらえるというのも、トレステがどんなものかを
知る上で便利なものだと思います。
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【PerfectOrder ストラテジー】


自分では、ブレイクアウトストラテジーを選択しました。

また、トレステ初心者向けのセミナーに参加して
勉強してきたので、ご興味がある訪問者さんがおられる
ようなら、こちらでも紹介していきます。
(便利な小ネタなど)


さて、久々に新たなEAを導入すべく検討中です。
最近は、テクニカルによるEAよりも、グリッドトレード系の
EAを使う機会がGemTradeでは多くなっていました。

実際、GEMFOREX口座で稼働しているEAは、すべてグリトレ系の
ものとなっていました。

最近、GEMFOREX口座を追加で作ろうとしていて、それには
現口座の資金を一部移動させようとしていたので、ポジションを
無くす(減らす)べく、EAは停止していました。

なのに、裁量で取ったポジションが多い!!という状況で、
まだ資金移動ができずにいますが。

GEMFOREXは、GemTradeのEAダウンロード数制限ナシという
大きなメリットがあるものの、たまに必要となる出金においては
とっても不便です。

いずれにせよ、様子をみてGEMFOFREX追加口座を作り、
一部をそちらに移す予定です。

グリトレ系のEAと、通常のテクニカルを使用したEAとで
口座を分けることにします。


で、本題に戻ります(笑)

今回検討しているEAは、EAの中でどんなジャンルになるのか
よくわかりませんが、興味深いEAです。
Dmagic_AUDUSDというEAです。

EAの「詳細説明」から見てみましょう。

『もみあい後のブレークの方向に売買を開始し、
0.01ロットの売買を積み上げて平均単価を改善します。
Dmagicは2つの戦略から選ぶことができます。』

そして、
『①売り買い両方を対象にして上げ下げ両方で利益を追求する方法。
 方向感がでにくいマイナーな通貨に適しています。』
フラフラとトレンドが無い動きに向いている、ということでしょうか。

『②売りか買いのどちからを見定めて利益を追求する方法。
 例えば、これからUSDに対して円安と考えればUSD/JPYの
 買いのみを指定します。
 SWAPがプラスの通貨は保有し続けることで利益がでますから、
 SWAP金利の付く売買益+長期の買い下がりまたは売り上がり
 戦略の2段構えで長期を視点に臨む方法があります。』

バックテストを見ていると、買い下がり、売り上がりという
動きがありますね、確かに。

グリトレでEAを稼働させていると、買い下がりや売りあがりというのは
一時的にせよ含み損を抱えることになるので、気分的には
あまり嬉しくはありません。
(裁量だと、指値をまくということをしたりしますが、
下がってから指値を置くのではなく、動きを想定して指値を置きます)

どうせなら、ピラミッディングで買い足し、売り足しというのが
安心だしうれしいですが、なかなか難しいですね、そういうトレードは。

ただし、Dmagic_AUDUSDに関しては、少なくともGemTrade公式フォワードでは、
「ウワッ・・・」
というようなドローダウンはしていないですね~。

2016年8月からのフォワードということで、現時点で8か月強という期間
ですので、もっと長期で見ると、シンドイ状況があるかもしれません。
○○ショックと名付けられるような事が発生した場合にどうか?
というのは気になるところですね。

バックテスト期間が2016年1月以降と決して長くはないし、モデル品質:n/aですが、
ほんの参考程度ということでGEMFOREXでのバックテスト結果を
紹介します。

上記期間において、利益をなるべく大きく、でもドローダウンは
なるべく抑えるということで、最大ポジション数(MAX_num)を20
に設定してあります。
デフォルトは100です。
Dmagic_AUDUSD_201601_201704.JPG

大きな値幅での一方的な動きに対応するためには、最大ポジション数を
大きくしておく必要がありますので、この先に起こりうる動きを
想定して設定を決める必要があります。

実際、バックテスト期間最後に20個のショートポジションを持っています。
現時点でそこから反発しているので、バックテスト期間では最大の
ドローダウンとなる結果となっています。

バックテスト期間をもう少し長くすると(未来の話ですが)、
含み損がさらに大きくなる可能性があります。
もちろん、反落する可能性もあるのですが。


で、このように含み損を抱える状況となったとき、逆の
ポジションを機動的に建てて、含み損を軽減したりする
ロジック
を作れるといいな~と考えています。

あくまでも、逆行ポジを救うポジションを持つ、と。
もちろん、逆行がどんどん進むなら、その方向で
更にポジションを建てて欲しいですが。

そういうEAがあるといいな~と思っています。
テクニカルだろうとグリトレ系だろうと。

さて、EAに話を戻します。

バックテストをして、チャートに表示されるトレードの
様子です。
Dmagic_バックテスト_チャート.JPG

バックテストを見ていると、買い、売りのそれぞれで一括にて
ポジションを手じまう動きとなっています。

きっと、一括ではなく、タイミングをばらして決済する
ロジックも試されたのだと思うのですが、一括の方が
よかったんですね。

もう少しDmagic_AUDUSDを弄ってみて、稼働させるか判断します。

また、上記バックテスト結果は、マニュアルや詳細説明ページに
記載されているインジケーターを使用せずに行ったものです。

マニュアルやWEBページからのリンクからでは、インジが見つからなかったので、
仕方なく試しにバックテストしたら計算が完了しました。

こういったEAに興味があれば、ダウンロードして
バックテストしてみて下さい。

設定を変更して検討するのもよいと思います。
また、他の通貨ペア用のものもありますが、通貨縛りは無いと
記載してあるので、一つダウンロードして他の通貨ペア
でも試すというのが手間がかからず良いかもしれませんね。



ところで・・・。
ブログのシステム変更への対応がうまくなくて、
サイドバーに表示していたGEMFOREXでの
フォワード(myfxbook)がなくなっていますが、
時間を確保して復活させようと考えています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

2017.04.14 | コメント(0)トラックバック(0)更新情報をチェックする
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます