GEMFOREXの無料VPSを検証開始|無料EAで安定して稼げるGemTrade(ゲムトレード)  安定収入・車購入資金に

GEMFOREXの無料VPSを検証開始

無料でMT4のEAを使えるGemTradeのサービスを
フルに活用すべく、口座残高によるEAダウンロード数
に制限が無いGEMFOREXを活用しています。

GEMFOREXは、サービス開始直後こそ
入金方法の選択肢が乏しく、活用するにも
使い勝手がイマイチな面があったりしましたが、
銀行送金(国内送金も可)
クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB AMERICANEXPRESS)
NETELLER
Skrill
など多彩な選択肢があります。

入金に関しては、不自由しませんね。


出金は、
銀行送金
NETLLER
の2択です。

個人的には、ポジションを持っていると当該口座からは出金できない
というのがイマイチです。
グリトレをしていると、長期保有ということになってしまう場合があり、
その場合には出金できないということになります。

もちろん、出金処理をした後にポジションを持ち直すという選択肢も
ありますが、スプレッド分は確実にマイナスですし、
レートが変化するので、その分がリスクとなります。
そのリスクは、良い方向に出る場合もありますが、抱えたくない
リスクです。


さて、本題の無料VPSです。
サービス内容が向上しており、ついに無料VPSを提供してくれるのは
非常に嬉しいですね。

無料利用の条件は、
口座残高:50万円(5千$)以上
となっています。

トレード量を条件として設定していないのは意外ですが。

VPSの提供は
Merric Mirror Hosting.Inc
とのことです。

ググってみると、GEMFOREX経由で受けられるサービスに
近いプランは「OpenVZ 128」というもので、
毎月払い6$(年払い60$)
という金額でした。
このプランと同じものかはわかりませんが、これに近いものです。


さて、GEMFOREXのマイページ経由でメールを送信すると、
その日のウチに利用開始可能となりました。
IPアドレス
アカウント名
パスワード
が記載されたメールが送信されてきました。

で、早速ログインしたところ、デスクトップにはGEMFOREXの
MT4ショートカットが置いてありました。

タスクマネージャーを見てみると、確かにメモリは1GB
割り当てられているようです。

下の画像は、週末で市場が閉じている時にものです。
MT4:1つ
チャート:4つ

WS000001.JPG
左下のMore detailsをクリックすると、詳細を確認できる
表示内容となります。


GEM_VPS_週末_MT4が1_チャート4.JPG


WS000002.JPG


今後、実際にEAを稼動させて、VPSとしての検証を
していくことにします。
VPSは、実際に使わないと分からないということも
あるので、「自分が使ってどうだったか」というのを
シェアします。

今後も、GEMFOREXのサービス向上に期待しています。
個人的には、出金時に当該口座でポジションを保有していないこと、
という制限を解除して欲しいです。

GEMFOREXは、キャンペーンをいつもやっている
イメージがありますが、そういったものに上手く乗って
口座としての使い勝手を試してみると良いと思います。

未だGEMFOREXの口座開設をしていない場合は、
まずはWEBで様子を確認し、問題無いと考えたら
簡単過ぎてビックリの口座開設
をして、実際に
試してみると良いと思います。
自分のお金を入金すること無く、リアル口座で確認できるので、
損すること無く試せるのは嬉しいですね。

2016.06.04 | コメント(0)トラックバック(0)更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます

この記事へのトラックバック
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。