PipsBeggar運用中|GemTradeで大活躍するEA|無料EAで安定して稼げるGemTrade(ゲムトレード)

PipsBeggar運用中|GemTradeで大活躍するEA

無料でEAを使えるGemTradeで
ダウンロード数上位につけ、
あちこちのブログやサイトで紹介されている
Pips Beggar
を紹介します。

ちなみにBeggarとは
乞食、物貰い、など、あまり良い印象の言葉では
無いようですが、Pipsをかっ喰らうといったところでしょうか??
できれば、もっと明るく、温かい印象の名前だと良いな~と
個人的には思いました。

複数通貨(小さなLOT)で稼働開始し、
調子良い通貨ペアを順次LOTを大きくしていく
ということで運用中です。

調子良いペアを抽出して自分の口座で稼働してみる、
というのもアリだと思います。

なので、GemTradeから無料ダウンロードしてある方は、
稼働を検討してみると良いと思うし、未だダウンロードしていない
方は、まずはダウンロードしてバックテストしてみることを
強く推奨します。

なお、バックテストする際には、実情にあった通貨ペア毎の
スプレッドに設定しないと、バックテストの意味がありません。
そして、「maxSpread」設定もきちんと設定しましょう。
実情スプレッドに+0.1したものか、+0.2といったところで
良いと思います。

本記事執筆時点で、相性良いと判断しているのは、
USDCHFです。

PipsBeggarの検証
では、Pips Beggarの検証をしていきましょう

EA名称:Pips Beggar

開発者:大脇正彦さん

通貨ペア:以下10通貨ペア
AUD/CHF
AUD/JPY
CHF/JPY
EUR/AUD
EUR/CHF
EUR/GBP
EUR/JPY
EUR/USD
GBP/JPY
GBP/USD
USD/CHF

使用時間足:全時間足対応
※当ブログ管理人はM1(1分足)で稼働中です。
バックテストもM1にて実行したものを参照。

取引スタイル:スキャルピング

最大ポジション数:1ポジション(1通貨ペア毎)
※マジックナンバーを通貨ペア毎に設定するように、
という明示が無いので、その必要は無いのかもしれません。
管理人は、念の為マジックナンバーを通貨ペア毎に変えています。
myfxbookなどで解析する場合にも、その方が都合が良いという
判断です。

最大ストップロス:通貨ペア毎に推奨値がある

テイクプロフィット:通貨ペア毎に推奨値がある

両建て:なし

トレード概要:当自動売買ソフトウェアは、ボラティリティが低い
時間帯を狙って、少ないPipsを繰り返し拾っていくスタイルで
トレードします。
一気に数十Pipsを獲得することは期待できませんが、その分、
リスクも限定されます。
リスクをさらに小さくするため、複数の通貨ペアでEAを立ち上げる
ことを推奨します。

バックテスト結果
後ほど貼り付けます

公式フォワード
後ほど貼り付けます

私的フォワード
2018年10月3日にGEMFOREXリアル口座にて稼働開始
しています。
ブログのサイドバーなり下に貼ってあるmyfxbookにて
GEMFOREXリアル口座でのトレード結果が参照可能です。
当然のように、通貨ペア毎に好不調というか、相性が存在します。
これは、相場状況によってくるものであり、そういうものだと
認識するしかありません。
そして、それに柔軟に対応して安定した利益を獲得できれば良い
というわけですね。


Pips Beggarに慎重だった理由
さて、個人的に、PipsBeggarを稼働させることに積極的では
無かった理由を紹介しましょう。

それは、稼働させるべき時間足がよくわからないうえに、
エントリータイミングが、M1なりM5なりの確定時確定時では無い、
ということです。

始値だろうが、終値だろうが、確定したタイミングでの判断では無い
というのが気になったのです。

なぜなら、バックテスト結果とフォワード結果が一致しない、という
現象となる可能性を懸念していました。
(MT4がバックテスト用にTickを動かすのは、ヒストリカルデータ
を参照して作成したものですが、あくまで擬似的なものであり、
それを参照して作成した、もしくはバックテストして検証したEAという
ものに対して、慎重な見方をしていました。)

「ホントに大丈夫かな??」
と。

そもそも、M1チャートで稼働させるEAで1年以上好結果という
ものに自分が出会っていないというのが背景にあります。
(もっとも、M5以上のチャートで稼働させるEAでも、1年以上
好結果が続くというのは少ないですが)

一方で、あちこちのブログやサイトでしっかりと稼いでいるという
結果を目にしていました。
「杞憂なんだろうか??」
ということで、試しに稼働させてみよう、という判断をくだしました。
(他の人のフォワードで良好な結果であっても、自分の口座では
そうでも無い、ということも何度もありました)

バックテストとフォワード結果が似ている結果であれば、
・バックテスト結果と同様の傾向が、将来も続く可能性が高い
・バックテスト結果から決めたEA稼働中断・停止判断基準を決めやすい
ということで、運用開始・中止の判断がしやすくなります。。

ちなみに、リアル口座でのトレード結果を見てみても、M1足確定時では無い
というのがわかります。
(秒の単位にて、数十秒単位でズレている)

時間足確定時では無く、短い時間の値動きだけで判断しているのでしょうかね??
EAを作る場合においても、検証する場合においても、
確定足での判断を行うロジックというものだけで考えていました。
(グリッドトレード用だけは、タイミングに関係なく、レートだけを
参照してエントリーすることになります。)

なので、チャートの足が確定した時点以外でエントリーするタイプの
EAは、慎重な見方をすることになります。

未だ、稼働開始から1ヶ月しか経過していませんが、
現在までの結果に満足しています。
相性が良いと確認できた通貨ペアから順に少しずつ
LOTサイズを大きくしているので、稼ぐ金額も大きく
なっています。


Pips Beggar稼働環境
・口座:GEMFOREXリアル口座(GemTrade-Live2)
・MT4稼働コンピュータ:デスクトップPC
・インターネット回線:WiMAX


Pips Beggar リアル稼働運用設定
標準設定に対して、各通貨ペア毎に、マニュアルに
記載されている推奨値へ変更。
念の為、マジックナンバーも通貨ペア毎の値にしています。
チャートは、M1です。
バックテストでは、EA説明にあったとおり、どの時間足でも
問題なくバックテスト自体はできていますし、結果も同等です。
が、なにぶんロジックの中身が分からないので、
M1を選択することにしました。


多通貨ペアでの稼働で安定した利益獲得を目指せるPips Beggar。
まだダウンロードしていないというのなら、ぜひダウンロードして
バックテストみてみてください。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。


2018.11.02 | コメント(0)更新情報をチェックする
この記事へのコメント
GEMFOREX_ロゴ.png
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます